つくば市でつらい肩こり・腰痛のつらい症状に対応した整体で痛みの原因を取り除きます!

つくば市のまきもと整体院


頭痛

頭痛は多くの日本人が日常的に経験している症状で、当院にも頭痛で悩まれている方が多数いらっしゃっています。

zutuu_illust.jpg

その種類は様々ありますが、

頭部外傷や病気などの明確な原因のない頭痛は一次性頭痛と呼ばれ、【片頭痛】【緊張型頭痛】【群発性頭痛】に大別できます。


1.片頭痛:ズキッ、ズキッ、と脈に合わせた痛み

片頭痛は拍動性の強い頭痛が頭の片側に起こるもので、吐き気、嘔吐、下痢を伴います。

頭を動かす(頭を振る)と痛みが増し、動くよりじっとしていたい、横になりたいと感じます。

血管の拡張により、その周囲を取り巻く神経が刺激され痛みが誘発されると言われています。

予兆として、下記の事項などがみられます。

  1. 光や音に敏感になる
  2. 倦怠感
  3. 気分が良くない
  4. イライラする
  5. 食欲がいつも以上に出る
  6. 体がむくむ
  7. 甘いものを無性に欲しくなる
  8. 眠気を感じる

2.緊張型頭痛:ギューッと締め付けられるような痛み

緊張型頭痛は頭の両側が締め付けられるように痛むもので、【肩・首のこり】【めまい】【眼性疲労】【倦怠感】などを伴い、午後から夕方にかけて強くなる傾向があります。

筋肉の緊張によって痛みが生じており、ストレスや不良姿勢、同じ姿勢の継続による血流の悪化で出現すると言われています。


3.群発性頭痛:目の奥の激しい痛み、いつも同じ時間帯に

群発性頭痛は片側の目の奥がえぐられるように激しく痛むもので、決まった時間に30分~2時間程度続くのが特徴です。

目の奥にある内頚動脈が何らかの原因で拡張し、炎症を起こすために生じると考えられています。

予兆として、下記の事項などがみられます。

  1. 首の張り
  2. 目のかすみ
  3. 目の充血感
  4. 涙目
  5. 鼻水、鼻づまり
  6. まぶたが腫れる
  7. まぶたが下がる
  8. 汗をかく

一次性頭痛の原因


・自律神経のアンバランス

自律神経とはつまり交感神経と副交感神経のことです。
人間の体はこの両者がうまくバランスを取りながら機能しています。

交感神経が優位に働くと血管は収縮し、副交感神経が優位に働くと血管は拡張します。

頭痛には血管の拡張と収縮が大きく関わっていますので、この交感神経と副交感神経のバランスが乱れると頭痛の原因になります。


・肩や首のこり

肩や首のコリが強くなると頭痛に発展するケースがあります。

これは肩や首の周りの筋肉が緊張しているためで、姿勢の悪さや体の歪みが関係しています。

また体の歪みは自律神経にも影響します


病気が原因の頭痛

病気が原因によって起こる頭痛を二次性頭痛(又は症候性頭痛)と呼びます。

脳腫瘍、脳出血、脳梗塞など、命に関わるものもあります。


「いつもは数日で治まる頭痛が全然治まらない」
「日に日に頭痛が強くなっていく」
「今まで経験したことがないほど強い頭痛」
「バットで殴られたような痛み」

などの症状がある時は、一刻も早く病院を受診してください。


特に普段から頭痛を抱えている方は「いつもの頭痛」と思ってしまい我慢してしまいがちなので、注意が必要です。

また風邪、肺炎、インフルエンザ、脳炎、髄膜炎、伝染性単核症、副鼻腔炎、側頭動脈炎など、あらゆる感染症で頭痛を起こす可能性があります。


頭痛にはこんな施術を行います

二次性の頭痛に関しては、当院では施術は行えませんが、一次性頭痛に関しては、施術により症状が楽になります。

施術としては、頭部の血流状態を改善するために、肩、首、頭の緊張を取ります。

体の歪みも関係しますので、必要に応じて体の各部の調整を行います。

また、体の歪みを調整することで、自律神経のバランスも整えます。

 

つくば市のまきもと整体院のご案内

住      所:
305-0816
茨城県つくば市学園の森1丁目32-2
アクセス:
つくばエクスプレス「研究学園」駅
車で約5分
お問い合わせ・ご予約
029-895-3818
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ