つくば市でつらい肩こり・腰痛のつらい症状に対応した整体で痛みの原因を取り除きます!

つくば市のまきもと整体院


副交感神経で動く

こんにちは!


つくばのまきもと整体院院長の牧本です




本日は東京で勉強会に参加して参りました


ここのところ、日曜日の勉強会が多く、


いつも日曜日に来院いただいている方々には


ご迷惑をおかけしておりますm(_ _)m




勉強会はいつも新しい知識や気付きがもらえます


そして、


いろんなことを知れば知るほど


人間とは一体!?生命とは一体!!??


謎は深まるばかり・・・


とても奥深いです\(◎o◎)/


おそらく


自分の生きている間に


全てを知ることは不可能(-.-)


そりゃそうですよね


生命の歴史は数十億年


たがだか数十年の小生が理解できるはずがありません


それでも


日々新しい発見、気付きを


もらえることを楽しんでいます(^^)




今日の勉強会でも


様々な事を学びました


その中の小ネタを


ちょこっとご紹介します


交感神経と副交感神経のお話です




「活動する時に働くのが交感神経」


「リラックス時に働くのが副交感神経」


なんて言いますよね


でも、


副交感神経が活動に使えないわけではないんです


副交感神経でも全然活動できるんです


太極拳なんかはそうですね


中には腕立て伏せも副交感神経でやっちゃう人もいるんだとか


すごいですよね(汗)




そもそもなぜ活動時には交感神経が働くのか?


それは


活動している所に速やかに血液を送る必要があるから


血管をキュッと絞めて血液の流れを早くします


その結果、太い血管には血液の供給量が多くなります


これによって、活動を可能にしているんですね


ちなみに、


細かい毛細血管には血液が流れにくくなります




でももし、


体を効率的に省エネで動かすことができたら


血液の供給量をアップさせなくても


十分に血液の供給が間に合うなら


どうなると思います?




そうです


副交感神経で動けるんです




現代の人達は


交感神経を過剰に使い過ぎています


副交感神経でも動けるところは


できるだけそちらに任せてしまった方がいい




というわけで、私


今日の勉強会からの帰り道は


副交感神経モードを実践!
↓↓↓



駅から家までの自転車


いつもと走り方を変えてみました


ちなみに


いつもは、結構スピードを出して


激しくこいでいます(^^;)




今日は、


上半身は血液が流れやすい体勢を取りつつ


足元は重力に身を任せるようにのんび~り


ペダルをこいでみました


頭の中も余計な事を考えずに


完全にリラックスモードで


頭の中も省エネです(ここ大事!)


かなりのリラックスモード過ぎて


周りから不審者と思われていたかも(・∀・)


いつもの倍ほど時間をかけて帰りました




家に帰ってくると


大きな変化が!!!




いつもなら


ちょっと休憩~


とグダ~としてしまうんですが


今日は


頭の中がシャキーン(`・ω・´)


とても元気な状態で


いろいろやるべき事に自すぐに取りかかれました


勉強会でだいぶ頭は疲れているはずでしたが


帰り道に


思いっきり副交感神経モードに


スイッチを切り替えたことで


交感神経を休めることができたのではないかと




交感神経は全力疾走しているようなもの


やる気が出ない


集中力が持続出来ない


という人は


しっかりインターバルが取れていないかもしれません


全力疾走(交感神経モード)は大事な所に取っておいて


それ以外では


できるだけ、副交感神経モードで動くことをオススメします

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

つくば市のまきもと整体院のご案内

住      所:
305-0816
茨城県つくば市学園の森1丁目32-2
アクセス:
つくばエクスプレス「研究学園」駅
車で約5分
お問い合わせ・ご予約
029-895-3818
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ