つくば市でつらい肩こり・腰痛のつらい症状に対応した整体で痛みの原因を取り除きます!

つくば市のまきもと整体院


食べたものをいかに吸収するか

こんにちは!

読むとなんだか元気になるパワスポブログへようこそ!!

つくばNo.1のパワースポット整体院を目指す まきもと整体院・院長の牧本です(^^)



昨日は、食べた後いかに出すかという話でした

今日は食べたものをいかに体に吸収させるか

について

どんなにいいもの食べたって、吸収されないと元も子もないですから(^^;)



体にしっかり栄養を取り込むのに必要なことを考えてみると

①食べたものを吸収できる状態にすること

②吸収が行われる腸の環境を整えること

まずはこの二つかな~と思います



①について

食べたものを吸収できる状態にするということは

胃液や胆汁などによって消化がしっかり行われるということ

そのために自分でできることを考えてみると


1.美味しく調理する

2.よく噛む

3.食べたら休む

4.内臓をいたわる



他にもあるとは思いますが

こういうのが大事かなぁと思います



一つずつ見ていきましょう


1.美味しく食べる


美味しいものを見ればヨダレがでますよね
体も消化の準備をしてくれているということ
調理、味付けは消化吸収にも影響します
食べたいと思うかどうかは大事です
見た目も大事になってきます


2.よく噛む


よく噛むことで食べた物をしっかり唾液で消化します
胃腸の負担も減ります


3.食べたら休む


内臓はリラックス時に働きが良くなるので
食後はのんびり横になるのがいいです
「食べた後に横になったら牛になる」なんて言いますが、
しつけ上の方便!?


4.内臓をいたわる

内臓が疲れていると消化液の分泌が悪くなります
まずは内臓をいたわって、元気な状態にしてあげてください

・暴飲暴食を避ける
・食事と食事の間の時間を空ける(夜遅い時間の食事を避ける)
・ストレスを少なくする
・お腹をマッサージする

などなど



いかがでしょうか

結構簡単にできることが多いので是非試してみてください(^^)



②の「腸の環境を整える」

についてはまたの機会にしたいにお話したいと思いますm(__)m




内臓が元気に働くには呼吸や姿勢も大事なので、

気になる方は是非ご相談ください(^^)



本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

つくば市のまきもと整体院のご案内

住      所:
305-0816
茨城県つくば市学園の森1丁目32-2
アクセス:
つくばエクスプレス「研究学園」駅
車で約5分
お問い合わせ・ご予約
029-895-3818
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ