スタッフブログ

WEBLOG

曇りの日の方が紫外線が強い?

「曇りの日の方が、晴れの日より紫外線が強い」

そんな噂を耳にしました

でも、

「晴れの日の方が紫外線強いに決まってるよ」

そういう話も聞きます

ん~、どっちなんだろう???

ということで、早速調べてみました

今の時代はインターネットがあって何でもすぐに調べられちゃいますね笑

結論から言いますと

晴れの日の方が紫外線は強い

雲は太陽光を遮るため、雲の量や状態、つまり天気によってもかなり紫外線量に影響するようです

快晴時の紫外線量を100とすると

薄曇 80~90

曇り 60

雨 30

ぐらいになるようです

ただ、紫外線は他の光線(赤外線など)に比べると、雲によって遮られる効果が小さいので

曇りの日でも、思った以上には地表に紫外線が降り注いでいるようです

なので、正確には

「曇りの日の方が、予想しているよりも焼けやすい」

(油断していると焼けちゃうよ晴れ

という事なのかもしれませんね

ちなみに

6月は、12月と比較した場合、紫外線の量は6倍程度であると言われています

ですので、

6月は雨の日であっても、12月の晴天の日の2倍程度の紫外線量

また、

6月の曇りの日では、12月の晴れの日の3倍~5倍程度の紫外線量

ということになります

そう考えると、6月は天気が悪くても、全く油断できませんね汗

6月の曇りの日は12月の晴れの日よりも紫外線が強い」

これは真実のようです

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA