スタッフブログ

WEBLOG

症例紹介:坐骨神経痛

今日は珍しく、二人続けて坐骨神経痛の症状を訴える方がいらしゃいました

一人目の方

Sさん 30代女性 主婦

3人目を出産してから1年経過

症状:

両脚ともお尻から太ももの外側にかけて痛みがある

うつ伏せで姿勢をチェックしてみると、

腰から下が大きく右を向き、明らかに体がくの字になっている

胸椎は大きく右に曲がっている

1歳のお子さんをいつも左側で抱っこしているとのことなので、その影響か

施術:

骨盤の矯正から

臀部の筋肉を緩めて、仙骨の周りを調整

大きく右に向いていた足は逆に少し左を向くようになった

これはまだ背骨が歪んでいるため

次に背骨周りの筋肉を緩め、胸椎の歪みを調整した

これで足はまっすぐに

痛みはこの時点で無くなったが、最後に肩周りの調整と頚椎を調整して終了

骨盤から背骨にかけて歪みがある場合は必ず首の調整も行います

ベッドから立ち上がる時に痛みが無かったので驚かれていました

二人目の方

Kさん 40代女性 会社員

趣味はマラソン

症状:

右脚の坐骨から太ももの裏にかけて痛みがある

姿勢をチェックしてみると

骨盤が前傾しており腰がかなり反っている

背骨は胸椎(上の方)で左に曲がり、腰椎(下の方)で右に曲がっている

それほど大きな曲がりではなく、一見まっすぐな姿勢に見える程度の歪み

施術:

骨盤から調整

臀部の筋肉を緩め、仙骨の調整

ハムストリングス内側の張りも強く、これも同時に取る

次に背部、肩甲骨周りの筋肉を緩めてから、背骨の調整

まだ胸椎上部に歪みが残ったが、これは頚椎で調整

腹部、下腹部、下肢を調整して終了

疲れている状態でないと痛みの変化がわからないとのことなので
とりあえず様子を見てもらうことに

坐骨にあった圧痛は無くなったので、喜んでおられました

腰の反りも軽減

こちらは焦らず、じっくり直していくしかありません

坐骨神経痛は病名ではなく、神経痛という症状に過ぎません

ですので、その原因は様々です

病的なものが原因のケースもありますので、

体調にも異変がある場合は必ず病院を受診してください

そこで異常が無ければ、整体を受けていただくことをオススメします

しかしながら、坐骨神経痛は腰椎の歪みから生じているケースが多いです

今回の患者さんはお二人とも体の歪みを取ることで痛みが消失しました

腰椎が歪んでいるということは体全体に歪みが出ています

一箇所だけ歪むということはまずありません

当院では体全体を調整することで、坐骨神経痛の症状を改善していきます

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA